2005年03月01日

The episode of lost journey #4


【「The episode of lost journey #3」からの続き】

 ミナージョに到着すると、「列車行き違いのため、ここで少々停車します」という車掌の声が流れた。
「私たちも降りてみましょうか」それを聞くと青年は云った。
「だめです。ドアが開きませんから」私が答えると、彼はがっかりしたようで、うつむいてしまった。やがてまもなくホームの反対側に、上り列車のヘッドライトが見えた。
「軽便鉄道の、今日の終わりの列車だな」青年がつぶやいた。
「そうです。上りの最終です」私は持ってきた時刻表の写しを見て、答えた。すると私たちの列車が動き出し、上り列車とすれちがった。見ると向こうの列車も、ずいぶんがらんとしているようだった。
「ああ、あんなに大きなホッパーがありますよ。反対側をご覧なさい」
 青年の声にうながされて、列車の左手を見ると、鉱石の積み出しの設備らしい、大きな櫓の骨組みのような建物があった。夜の小雪の中、それは何かギリシアの神殿のようにも見えた。
 それから列車は、どんどんと走って行った。たぶんもう下り坂ばかりなのだな、と私が思っていると、
「ええ、このへんからは下りです。何せこんどは一ぺんに、リンプウ海岸の海面近くまで下りて行くんですから、容易じゃありません。そら、まただんだん速くなったでしょう」と云うと、まもなく「キーン、キーン」という音が聞こえ、列車がブレーキをかけて減速しているのも分かった。
 それでも列車は、どんどん下りて行った。崖のはじを列車が走る時など、人家の灯が明るく下に広がっているのが見渡せたりした。このころには雪も稲光りも、ぴたりと止み、私はだんだん心持ちが明るくなってきた。そして、ツェルヴォイを列車が通り過ぎた時などは、ホームに小さな丸太小屋のような待合室があるのを見て、思わずほうとつぶやいた。
「長らくお疲れさまでした。まもなくラ・スーダ・クルーツォです」車掌の声が響いた。外の明かりの数も次第に多くなり、列車はすっかりラ・オツェアーノの街に入っていた。まもなくしてラ・スーダ・クルーツォに着き、ホームを見ると、いったいどこに乗っていたのか、他の乗客たちがぱらぱらと下りていくのが見えた。
 駅を出て短いトンネルに入り、それを抜けると列車は道路と並んで走った。すると青年が、
「この道もずいぶん広くなりましたね。前はもっともっと、狭かったように思います」と云ってから少し考え、
「おや、ちがう。線路はもう少し街並みの近くを走っていましたよ。ああ、線路を少しだけこちらに寄せたから道が広くなったように見えたんだ。きっと、そうだ。じつはさっきミナージョの駅を過ぎてからも、何か以前とはちがう所を走っているように感じていたのです」と云った。そこで再び車掌の声がして、「まもなくヴェルタヴェントです」と告げた。

wi00.gif

続きを読む
posted by Yasuhiko Kambe at 19:49| Comment(0) | Episode | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The episode of lost journey #3


【「The episode of lost journey #2」からの続き】

 フォルクローロの街の明かりを今度は左手に見ながら、列車は進んで行った。雪はまた少し弱くなったが、まだ降り続けていた。雷も時々思い出したように、空の片隅を明るく光らせていた。そのたびに、青年が「雷などはいつでもすぐに起こってくる」と教えてくれたポランヶ原に連なる山々の尾根が、はっきりと見えた。
 それからまた私は、しばらく眠ってしまったようで、目が覚めると列車は短いトンネルをちょうど出ようとしているところだった。と、青年はなぜか窓の外をしきりに見て、立ち上がるような素ぶりをしていた。
「どうしたのです」私は青年に云った。
「ええ。そろそろセンニーノ峠に着くころですからね。そこからミナージョまでは歩いて行かねばなりませんから、そろそろ降りる支度をしようと思って」青年は真面目な顔をして答えた。
「歩いて行くって、どういうことです」私は不審に思い、青年に尋ねた。
「索道もありますが、それは荷物用なので人は歩いて行くのですよ」
「いや、でも次のモントパセーヨの駅から歩いて行ったりなんかしませんよ。このまま、列車に乗ったままでラ・オツェアーノまで行けますから」
 青年は私の話にとても驚いたようで、
「何だ。そうだったのですか。私はまた、てっきり……。ああ、そうか。私が伏せている間に、ラ・オツェアーノの鉱山鉄道とつながったんですね」と答えた。
「うん、まあ、そういうことになります」私は青年の云った索道や鉱山鉄道という言葉が気になったが、それ以上彼を混乱させたくなかったので、納得したような返事をした。
 やがて、列車はモントパセーヨを過ぎ、長い長いトンネルに潜り込んだ。
「ああ。この長いトンネルができたから、索道に乗り換える必要がなくなったんですね。さぞ大変な工事だったでしょう」青年はすっかり感心したように云った。
「まあ、たぶん、そうだろうと思います」私は少しも自信がなかったので、独り言を云うように答えたが、列車の走る音にかき消されて、青年には聞こえなかったようだった。
 トンネルを抜け出て、カヴェルノを通り過ぎた時分には、雪はわずかな降りになっていた。駅のはずれには何か工場らしき建物がぼんやりと見えたが、とうに明かりは消え、はっきりとは分からなかった。すると、青年はそれを見て云った。
「ああ。工場だな。きっと採石工場だ。たぶん石灰石か何か採っているのに違いない。このあたりの山は大抵そうです」
 私は窓を見たままだったが、青年は話し続けた。
「じつは協会の活動をしたあと、ほんの少しの間でしたが、採石工場の仕事の手伝いをしたことがあるのです。その工場はここではなくて、ツワカマの方にある工場でした。石灰粉というやつはね、農地の土壌を改良するのに大変効果があるのです。モリーオの高等農林に通っていた時に、そう学びましたから、それを何とか普及させたいと思いまして。それで工場の仕事を手伝ったのです」
 青年が会社勤めをしていたというのを聞いて、私は少し興味がわいた。
「いったいどんな仕事をされていたのです」
「はい。工場主に頼まれまして、その炭酸石灰の製品の成分やら効能やらを、詳しく説明した型録とか宣伝物の文案をこさえたりしました。それと、その石灰製品の見本を詰めた大きなトランクを下げて、肥料を扱う方々の商店に出向いて、ぜひお宅に置いてもらえないだろうかと、談判をしに行ったりもしました」
「つまり、セールスをされていたのですね」
「英語だと、そうもいいますね。そうして、ある日東京まで出かけて行って、宿にたどりついたとたん、そこで倒れてしまいました。チェールアルコの家に電話を入れまして、『私も終わりかと思いますから、最期にお父さんの声が聞きたくなりました』と。家の者が心配して帰る手配をしてくれまして、やっとの思いでチェールアルコに戻り、それから床についてしまったのです」青年はくやしそうな表情を見せて、話し終わった。私もそれを聞きながら、彼がひどく気の毒に思えてきた。
「ああ。あれをご覧なさい。あんなに下の方に駅がありますよ
 青年の云うとおり窓を見ると、はるか下に駅のホームの明かりが見えた。
「もうすぐミナージョの駅です。といっても、まだ数本トンネルを抜けてカーブをぐるりと回って、あすこまで降りていかねばなりませんが」こう私が説明すると、青年は静かに笑いながら、うなづいていた。

【「The episode of lost journey #4」へ続く】


map01.gif
posted by Yasuhiko Kambe at 17:20| Comment(0) | Episode | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

The episode of lost journey #2


【「The episode of lost journey #1」からの続き】

 列車はチェリーヌ・アルボイを通過していた。
 雪は少し小降りにはなったが、止みそうにもなかった。まったくの夜の闇の中を、降りしきる雪に向かって列車は走っていた。
 その時、車窓の遠くの空のあたりがぼうっと光り、黒い山並みのシルエットがにわかに浮かび上がった。それは稲光りだった。
「ははあ。ポランヶ原の雷神が目を覚ましたな」青年もその電光を見たのか、車窓を見つめながらつぶやいた。
「あの山並みのずっと奥のあたりがキタカムヤ山地のまん中で、ポランヶ原というじつに気分のいい高原が広がっています。そこはちょうど、東の海の側からと西の方からの風とがぶつかる、お定まりの場所なのです。だからあんな雷などは、いつでもすぐに起こってくるのです。じっさい、あの高原の方へ行く時には、近づくに従って、だんだん雷神の碑を見るようになります」
「あなたもそこへ行ったことがあるのですか」私は彼に尋ねた。
「ええ、何度もありますとも。歌などを楽しく歩いて行くと、その山道だって決してつらくはありませんでした……」
 雪の車窓に、こんどは発電所らしき建物が、川べりに建っているのが見えた。
「あれ、発電所でしょうか」と青年に聞くと、
「あれはルイシガーサ川の水力発電所です。水も……」青年が云いかけた時、
「切符を拝見いたします」私たちの席の横には、青い制帽を被った背の高い車掌が、いつのまにか立っていた。
 私は、乗車券と急行券の大小二枚の切符を手渡した。車掌はスタンプを入れ、私に返すと、それきり車両の後ろの方へ立ち去ってしまった。私は当然、青年の切符も検札するものとばかり思っていたので、その車掌のことを少しいぶかしく思った。青年は、雪夜の車窓をぼんやりと眺めていた。
 フェルヴォイポントを通り過ぎる時、駅の手前には踏切が立っていた。
「ほら、ご覧なさい。踏切たちはああやって、列車を妨害する者がいないかどうか、にらみを利かせているのですよ。そら、右、左、右、左。両方の目をぎょろぎょろさせているでしょう」青年は愉快そうに云った。私は、そんな風に踏切を見たことはなかったが、云われてみればその通りである。それから、窓を叩く雪はいっそう激しくなった。
 列車がパッセン大街道に沿って大きく右へカーブして行くと、ガラクシーア・カーヨの人里の明かりが見えてきた。まもなく駅を通過すると、急に列車のエンジンが、それまでよりも一際大きく、うなり始めた。ここらは、よほど急な登り勾配なのだろう。列車はちょうど高い鉄橋にさしかかっていた。
「昔は軽便鉄道も窓が開けられましたからね。この橋のところで、窓から顔を出して、列車の進む方向を見ますと、それはもう、まるで星空に向かって走って行くように見えたものです」青年は夢で見たことを人に聞かせるように、しみじみと話した。
「ほら、左の後ろの方をご覧なさい。さっき渡ってきたあの橋が、あんなに下できれいに輝いて見えますよ」
 私はシートから立ち上がって、云われたとおりそちらを見たが、木立ちの影の間に淡い光がぼんやりと見えただけだった。

fumikiri1-180mono.jpg

続きを読む
posted by Yasuhiko Kambe at 22:36| Comment(0) | Episode | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The episode of lost journey #1


 おととしの冬の日のことである。
 みごとな夕空が嘘のように、そのあと大雪が降り出してきた。その日特別に運転されて多くの人を見物に集めたSL列車は、とうにディーゼル機関車に牽引されてモリーオへ帰り、チェールアルコの駅は再び静かになってしまった。私はモリーオから来る急行リンプウ号に乗ってミヤークへ向かうため、列車の来るのをホームで待ち続けていた。
 やがて、モリーオの方向から汽笛が聞こえ、急行がやって来た。緑とオフホワイトのブルカニロ系気動車が、雪まみれになりながらホームに着いた。私は一両目のドアから、車内に乗り込んだ。
 車内には他の乗客の姿はなかった。二両目の方も見てみたが、座っている人の頭が数えるほど見えただけだった。
「こんなに空いているのは、めずらしいな。それとも、新幹線やまねこ号のダイヤでも乱れていて、モリーオでの乗り継ぎが間に合わなかったのだろうか」少し不思議に思いながら、私は席を選んだ。そして、車両の真ん中あたりの席に荷物を置き、シートを回転させた。そう、チェールアルコからは列車の進む方向が、逆になるからだ。当然、シートは向かい合わせになった。
 いつもだと次のステラーロから乗ってくる人のことも考え、向かい合わせになった片方のシートも回転させておく。が、この日はあまりに客が少なかったので、そのままにしておいた。私はシートに座り、発車の時間を待った。
 窓からぼんやりホームを見ていると、いつのまにか改札脇の鉄柵のところに、黒いコートを着て古びた帽子を被った青年が、立っているのに気づいた。彼の服は雪だらけで、駅まで傘をささずに歩いて来たようすだった。おまけに、セロか何かの大きな楽器のケースまで抱えている。その後、青年は私のいる車両に乗り込んだように見えた。
 ……気がつくと、青年はいつのまにか私の向かいのシートに腰掛けていた。よく見ると服も帽子も、そして楽器のケースも、濡れてはいるものの、ひどい雪の中を歩いてきた割には、それほどでもない。たぶん、途中でタクシーを拾って来たのだな、と私は思った。
「失礼ですが、何だってそんな大きな物を、きょうは持っていくのですか」私は青年に尋ねた。彼はちょっとやつれたような顔をしていたが、人懐っこそうな細い目に笑みを浮かべて云った。
「ええ。実は、これからラ・オツェアーノまで行くのです。あすこの観音さまにセロを披露しにおうかがいしようと思いまして。それで今日は、ぜひともこれを持って行かねばならなかったのです」
「これから、ですか」
「ええ、これからです。わたくしは病でずっと床についておりました。観音さまが建てられたと聞いて、一日でも早くうかがわなくてはと思っていたのですが、なかなかできなくて。それできょうは、ようやく行けるものですから、大変うれしいのです」
 ラ・オツェアーノに着くのは夜中ですよ、と云いかけて私はやめた。そして、見るからに純朴そうな青年の顔を見て、こう考えた。彼のかかっていた病というのは、ひょっとして心の病なのではなかろうか、と。
「ああ、ラ・オツェアーノの観音さまのことを、あなたはご存じなのですね」
「ええ、まあ」
「三十三観音のうちの魚籃観音の像です。魚を抱かれてましてね。海の安全を守られている、それは尊い観音さまなのです」
「はあ、そうでしたか」
「あっ、初めてお会いした方なのに調子に乗ってしゃべりすぎました。どうか許してください。御仏にかかわることとなると、どうも熱が入ってしまう。この前も、それで友人から忠告されたばかりです」青年は恥ずかしそうに苦笑いをしながら、頭に手をやった。
「悪い人物ではない。ただ少し純粋すぎるだけなのかも知れないな」私はそう思った。
 そして、列車はゴトリと動き始めた。

street.jpg

続きを読む
posted by Yasuhiko Kambe at 20:23| Comment(0) | Episode | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。