2005年03月01日

強者(つわもの)たちへのララバイ


数えきれない旅を刻み 走りつづけてきた強者(つわもの)たち
点々と並ぶリベットや 飾らない素朴な色調は
凛としているのに 温もりを感じさせる
多分それは 幾度(いくたび)もの厳しい風雪に耐え
何時(いつ)の間にか 備わったのに違いない
鉄道が帯びてきた 重い使命と威厳――
無言の裡(うち)に それを物語る
老紳士のような気骨が そこにある


shako.jpg (Photo: Y. Kambe)
posted by Yasuhiko Kambe at 01:45| Comment(0) | Passage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。